<   2011年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧
2011年3月31日
 お世話様です。WOODYです。 
 2011年3月31日です。
 年度末としてみなさん忙しいと思います。
 
 卒業、入学、進級など学校での行事など、あらためて新しい門出になる春が来ています。
 
 今年の3月は決して忘れる事が出来ないものになりました。
 冬が来て春がくることは毎年の事ですが、今年はこんなに春が待ち遠しくなるのは初めてです。
 被災地も早く暖かい日がくればいいなあと思っています。
 
b0130512_12352934.jpg

 新潟県加茂市 猿毛の山と田んぼ。 暖かい日を待っているかの様。
 
 今日の加茂の朝を寒かったですね。
 明日からはいよいよ4月突入! 身も心を温かくしていきたいものです。
 
[PR]
by muukuweb | 2011-03-31 12:35
私もとうとう・・・
 私もとうとうツイッターというものに無限の可能性を求めてはじめました。
 ベテランのみなさん、どうかご指導を・・・・
[PR]
by muukuweb | 2011-03-30 18:21
長野県木曽路の旅③ 新潟県建具組合青年部
 こんにちは。WOODYです。
 
 長野県木曽路の旅の続きです。

 長野の木曽路にある職人さんがいらっしゃるとの事でみんなで訪問しました。

 その方は小林ヘギ板店さんです。 

 http://www6.ocn.ne.jp/~hegiita/

 Webサイトを参照してください。
  
 みなさん、網代と書いてアジロというのはわかりますか。。
 薄っぺらい板を編んだもので、床の間の天井や格天井に用いられる、一般に高級品とされる意匠材料です。

b0130512_22331070.jpg


 小林さんはその薄いた板をスライサーとかの機械でなく、鉈で割って(最後は手でへぎ分ける)作っていまして、その板をヘギ板と呼びます。

 
b0130512_2143162.jpg


 すっすごい 技 !
 60ミリの厚みから32枚の板を取ります。
 板を 「へぐ」 という言葉からヘギ板といわれるそうです。

 今は製材技術が進歩し、1ミリ厚の単板(スライスまたは桂剥きした板)が簡単にできるが、刃物は木目をつぶしてしまうそうです。ところが小林さんのヘギ板は

b0130512_2143116.jpg


 木が持っている本来の繊維を傷めず、ツヤがありますね。
 
 小林さんの技はほんとにすごかったです。板を「へぐ」には木目が積んだ柾目の無垢が必要なのですが、その木がどんどん失われている事。
 ヘギ職人も小林さんともう一人いらっしゃるとの事で全国で二人だとか。

 本当に大変貴重な技を見せてもらいました。
 良い木がなくなり、技術が失われて行く時代の中でありますが、ぜひ技術継承をして行ってほしいと思います。どんな時代でも「本物」は必要です。

 
 長野県木曽路の旅④へ 続く・・・・ 次回は最終回!
 

 
[PR]
by muukuweb | 2011-03-30 00:01
2011年4月17日 開催決定!
b0130512_17312444.jpg

[PR]
by muukuweb | 2011-03-29 17:24
(社)加茂JC、(社)燕三条JC合同支援物資収集
 県央ドットコムさん。ありがとうございます。


 
[PR]
by muukuweb | 2011-03-28 00:12 | JC
支援物資 御礼です。
 お世話様です。WOODYです。

 この度の加茂地域においての支援物資の呼びかけに対しまして、多くの方々よりご協力頂く事ができました。15日から始まった義援金の街頭募金活動、支援物資の収集による支援活動は取りあえず、一区切りという事になります。本当にありがとうございました。
 
b0130512_22413436.jpg

 昨日、そして本日の2日間で集めた物資はトラック2台、ワゴン車一台分になりました。
b0130512_22413512.jpg

 物資に書かれた応援のメッセージです。
b0130512_22413545.jpg

 支援物資の受付の様子です。メンバーのみなさんお疲れ様でした。
b0130512_22413574.jpg

 この物資も長岡の集積場へ運ばれます。必要な物が届けられていない所が多くあるようです。
 この物資が被災された方々への少しでも助けになればと願います。

 これからの支援活動といたしましては、日々変わる被災地のニーズを新たにお聞きして、支援活動の内容を考えていきたいと思います。また、この地域に対するまちづくり、ひとづくりも被災国日本が背景にあることを決して忘れる事なく、取り組んでいきたいと思います。
 「がんばれ 日本!」また元気をだしていこうと思います。
 これからの活動もこのブログにてご紹介していきます。よろしくお願いいたします。 

 
[PR]
by muukuweb | 2011-03-27 22:41 | JC
今日も支援物資集めております。
(社)加茂青年会議所はこの度の「東北地方太平洋沖地震」に関しまして、下記の通り支援物資の収集を市民の方々より広く募集します。被災者の方々へ少しでもお役に立てるよう活動して参りますのでご支援、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。                                    
                      
 【支援物資の収集について】

●日 時 :3月26日(土)3月27日(日)

●受付時間:午前9:00~午後3:00

●受付場所:加茂市産業センター裏 加茂商工会議所倉庫(変更)

        加茂青年会議所のノボリが目印です。

●物資内容

【食品】      缶詰、米、水、袋入ラーメン、お菓子、レトルト食品

【生活必需品】 カイロ、アルコール消毒液、包帯などの常備薬(飲み薬は不可)

【物資】    懐中電灯、電池、カセットコンロ及びコンロ用ガス、サランラップ

          ブルーシート、土のう袋、ラジオ、長靴、軍手、マスク

【幼児・子供向け】 おむつ、粉ミルク、シャンプー(水不要のもの)、おしりふき、生理用品

※ 受入不可の品物:古着、使い古したもの、賞味期限が短いもの
[PR]
by muukuweb | 2011-03-26 22:54 | JC
「東北地方太平洋沖地震」 支援物資のお願い
お世話様です。WOODYです。
本日は先週義援金活動を行った各スーパーへ再度お願いを申し上げ、支援物資のお願いのチラシを買い物に来て頂いたお客様に手配りさせていただきました。

b0130512_22255617.jpg


 その活動の中でのお話。 

 「支援物資のご協力お願いします!」

 「わたし被災者です。」

 「えっ!」

 チラシを渡そうとしたその方は加茂の美人の湯に避難されてきた方でした。

 「あした色々集めますが、何かほしいものありますか。」

 「大変良くして頂いているので、今は特にありません。ありがとうございます。」
 
 その方とお話したい気持ちがありましたが、「大変でしたね」との一言交わしてそれ以上は、お話づらかったです。

 その方は私たちの活動をずっと見ていました。その中で私も「御協力お願いします」と声をだしていました。 

 その方にとって私たちの活動をどんなふうに捕らえていたのでしょうか。

 その被災者の方が私たちの支援活動を見ているという数分の間、私は正直緊張してしました。

 被災者と支援者 今、日本が極端に言えばこの二つに分かれている現状。

 今日のその数分間が終わった後、早く元通りになればいいのにという思いが頭をよぎりました。

  
 
(社)加茂青年会議所はこの度の「東北地方太平洋沖地震」に関しまして、下記の通り支援物資の収集を市民の方々より広く募集します。被災者の方々へ少しでもお役に立てるよう活動して参りますのでご支援、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。                                    
                      
 【支援物資の収集について】

●日 時 :3月26日(土)3月27日(日)

●受付時間:午前9:00~午後3:00

●受付場所:加茂市産業センター裏 加茂商工会議所倉庫(変更)

        加茂青年会議所のノボリが目印です。

●物資内容

【食品】      缶詰、米、水、袋入ラーメン、お菓子、レトルト食品

【生活必需品】 カイロ、アルコール消毒液、包帯などの常備薬(飲み薬は不可)

【物資】    懐中電灯、電池、カセットコンロ及びコンロ用ガス、サランラップ

          ブルーシート、土のう袋、ラジオ、長靴、軍手、マスク

【幼児・子供向け】 おむつ、粉ミルク、シャンプー(水不要のもの)、おしりふき、生理用品

※ 受入不可の品物:古着、使い古したもの、賞味期限が短いもの


 
[PR]
by muukuweb | 2011-03-25 22:25 | JC
選手宣誓!
 こんにちは。WOODYです。

 昨日のセンバツ高校野球大会での創志学園の野山主将の選手宣誓をニュースで拝見しました。

 その選手宣誓に挑む姿勢と気迫と言葉に感動し、心が震えました。

 阪神大震災の1995年に生まれたことから始め、今自分たちにできることは元気をだして、精一杯この大会で戦う事という誓いの言葉でした。

 今、自分たちにできることは・・・・

 元気をだして、その元気を多くの人に分け与える事。

 今、いろんなイベントや事業が中止になっている中、選抜高校野球の開催は、この選手宣誓を見ても開催してもらって本当に良かったと思います。
 選手たちは、この被災国である日本という背景の中で精一杯闘ってくれるでしょう。

 今日は、その選手宣誓の全文を紹介します。 

 宣誓全文  創志学園(岡山) 野山慎介主将(2年)

 宣誓。私たちは16年前、阪神大震災の年に生まれました。いま、東日本大震災で多くの尊い命が奪われ、私たちの心は悲しみでいっぱいです。被災地ではすべての方々が一丸となり、仲間とともに頑張っておられます。人は仲間に支えられ、大きな困難を乗りきることができると信じています。私たちに今できること。それはこの大会を精いっぱい元気を出して戦うことです。「がんばろう!日本」。生かされている命に感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。
[PR]
by muukuweb | 2011-03-24 23:25
今日は卒園式でした。
 お世話様です。WOODYです。
 本日は私の次男の幼稚園の卒園式でした。 
 仕事の合間に私も参加してきました。
 
 保護者代表の方の挨拶の中で、今回の震災によって私たちは生かしてもらってる事にあらためて気づき、その事に心から感謝したいと述べられていました。
 被災地の中での卒業式が行われた事が多く報道されていましたが、先生と生徒たちが新しい出発、これからの復興の決意の涙を見て、心が震えました。
 
 園児たちの卒業証書授与は感動と、またこの子達の為に、我々はまたがんばっていかなくては思う卒園式になりました。  

b0130512_12201371.jpg


 御卒園おめでとうございました。
[PR]
by muukuweb | 2011-03-23 23:20